社会保険労務士で落ちる人3/頑固な人

オフ 投稿者: wpadmin

社会保険労務士は、ステキな通信講座を使って勉強してたら受かりやすくなると思うの。私の経験がそれを証明しているわ。

あ、でも通信講座の先生や教材がどんだけステキでも、受験者の心構えが間違ってると落ちると思うわ。せっかくだからここで、講座が全然悪くないのに落ちるような人のことを話してもいいかしら? 

試験に落ちる人の特徴

社会保険労務士の勉強って、やらされることがとんでもなく多いのよ。もう書いたけどね。ようするに、時間は1分1秒もムダにできないのね。
だけど融通が利かない人だと、そのことに気付かないようなのよね。納得できるまで、理解できるまで同じところを何度も繰り返して読んだりするような人がいるけど、そんなことしてたら絶対に合格できないで落ちるわ。

どんな人が社労士試験に向いているのか?

社会保険労務士試験は、とにかく融通が利く人や臨機応変に対応することが得意な人に向いてる試験なのよ。まあこれは、ほかの資格でも似てるんだけどね。
なかなか理解できない部分があったら、ためらわないで飛ばしちゃっていいのよ。時間があれば、あとでそこにまた戻ってこられるんだからね。
よそで覚えた知識があるおかげで、はじめはわからなかったことが理解できるようになるものなのよ。

融通が利かない人って、実はなまじっかマジメだったりするから困るのよね。まじめにやってれば受かるってわけじゃないのよ。
社会保険労務士試験では、私のように柔軟なタイプとか、機転が利くタイプが得をするようにできてるわね!