社会保険労務士に合格できる人とは、完璧を求めない人

オフ 投稿者: wpadmin

社会保険労務士試験に合格できる受験生には、いくつかの共通点があるのよ。

ポイントについて触れていこうと思うけど、どれも特別なスキルじゃない。

総じて言えるのは「気の持ちようが大事」。社会保険労務士試験合格を目指す人は、ぜひ心得て!

社会保険労務士試験合格のカギは“合格ラインを超えること”

当たり前なんだけど社会保険労務士試験対策に夢中になっていると忘れてしまうのが「試験で満点を目指す必要はない」ってこと

● テキストを見ていると、どうしても細かな記述が気になってしまう
● なかなか解けない奇問・難問の類にこだわり過ぎてしまう
・・・等々、受験生であれば心当たりのある人も多いんじゃないかしら?

けれでも社会保険労務士試験合格を狙う上で、必ず越えなければならないのは「得点率7割ほどの“合格ライン”」。各科目、総合得点共に得点すべき基準はあるものの、全体の3割ほどは間違えて良いわけですから、すべてを完璧にしようと身構える必要はないの。

妙に完璧を求めすぎると、「細かな部分にばかり目がいって、肝心な基礎がおろそかになる」「再度出題されないような奇問難問にこだわるあまり、効率が悪い」等、合格を狙う上ではあまり良い影響がないわ。

過去問演習を解く中で分からない事柄に出会うと不安で仕方なく感じられるものですが、いい意味でこだわらず、諦める姿勢は重要なの。

重要なのは“出題箇所の絞り込み”

効率良く合格を狙うなら、「出題されるポイントや頻度を正しく把握すること」

膨大な試験範囲の中からどのポイントをおさえておくべきか、一方でどこを深追いする必要がないのかを明らかにすることは、試験対策で最も重要なポイントなのよ。

社会保険労務士試験対策については独学で頑張る受験生も多いけど、一人きりで挑戦するとなると、出題傾向の分析や出題ポイントの把握についてしっかりやれるかがカギね。

抜けがあったり、思い込みによって正しく傾向を掴めていなかったりすると、試験対策は上手くいかないわ。

この点、できれば専門の受験対策講座を活用するのがオススメよ!効率良く学習を進めるためには、少なからず投資も必要だわ。