社会保険労務士が人気の理由、それは定収入にあります

オフ 投稿者: wpadmin

社労士の利点

社会保険労務士という仕事は、「士業」と呼ばれる資格の一種です。士業資格には、「独立」「開業」といった選択肢がありますし、それによって華々しい成功を遂げる機会もやってきます。それが、士業資格の人気の一因でしょう。

ところで社会保険労務士は、そのような士業資格の中でも人気があって、ちょっとしたステイタスを確立しています。それはどうしてでしょうか? 

勤務型という、サラリーマンやOLになって安定した生活を開始できる機会があることも一因ですが、そればかりではないようです。
その答えは、開業型の社会保険労務士になったときでも、安定感を求められる点にあるのではないでしょうか。

通常、士業という資格は依頼人がやってきて、契約が成立して初めてギャランティを受ける機会に恵まれます。このため、毎月まとまった件数の依頼を取れないとたちまち窮地に追い込まれる恐れがあります。定収入なんて夢のまた夢、という世界です。

毎月一定の収入が見込める

しかし社会保険労務士の場合、新手の依頼人ばかりを気にしなくてもよいのです。実は、決まった依頼人から毎月のように定額のギャラを受け取れる可能性が高いのです。

社会保険労務士の仕事は幅広いですが、大事な仕事となっているのが年金や社会保険の手続きです。これらの手続き業務は、単発での依頼よりも継続的な依頼をするほうが(依頼主である企業にとっては)理にかなっています。<世の中の社会保険労務士は多くが、企業との間に顧問契約を結んでいますし、それらの企業から毎月数万円くらいの定収入を、顧問料という名目で受け取っているのです。

毎月定収入があることは、当然のことですがこの上なくありがたいこと。開業というと、どんな職種でも定収入を手に入れる機会は非常に少ないものですが、社会保険労務士はその点ではとても有利な立場にいるのです。人気が高い資格になったのも、うなずける話です。